いちだんとおいしいひな祭

てまりずし(椿ずし)

このレシピを紹介するこのレシピを紹介する  投票する評価する 
てまりずし(椿ずし)

カロリー 429 kcal

調理時間じっくり作る

おすすめ 評価はまだありません

めいきん生協料理カード(2001.02) より

材料

■ 4人分 ■
米・・・2カップ強
(A)
・酢・・・1/4カップ
・砂糖・・・大さじ1弱
・塩・・・小さじ1弱
まぐろ・・・120g
白身魚(又はいか)刺身用・・・80g
えび(小)・・・8尾
(B)
・卵・・・2個
・砂糖・・・小さじ1と1/2
・塩・・・少々
ゆかり・・・小さじ1
ねりわさび・・・適宜
しょうゆ・・・適宜
大葉・・・4〜6枚
甘酢しょうが・・・適宜

作り方

(1)米はかために炊きます。
(2)(A)を合わせ炊きたてのご飯に合わせ酢をかけ++風を送りながら手早く混ぜ人肌に冷ます。
(3)まぐろ、白身魚は約4cm角のそぎ切り(8枚ずつ)にする。えびは背わたを取り、竹串をさしてまっすぐにし、ゆでて殻をとり腹側を切り開きます。
(4)(B)を混ぜ合わせ、鍋に入れ炒り卵を作ります。
(5)(2)のすしめしを1人分7個に分け、軽くにぎる(4個分はゆかりを混ぜる)
(6)固くしぼったぬれぶきんを広げて魚をおき(5)のすしめしをのせ、ふきんでしぼるように形作り中央をくぼませわさびをのせ花芯にする。えびも同様ににぎる。炒り卵は4等分し、ふきんにのせてすしめしを置き同様にします。皿に盛り合わせ、甘酢しょうがを添える。

ワンポイント

まぐろ
低脂肪で良質たんぱく質がたっぷり。
白身魚
赤身魚に対して身が白色のものをいい、たい、ひらめ、かれいなどが代表的です。脂肪が少なくたんぱく質の含有量は、赤身、青魚と変わらない。

疲労物質の燃焼、動脈硬化・高血圧予防・肥満防止に。