金沢の郷土料理

治部煮(吉野煮)

このレシピを紹介するこのレシピを紹介する  投票する評価する 
治部煮(吉野煮)

カロリー 235 kcal

調理時間じっくり作る

おすすめ 評価はまだありません

めいきん生協料理カード(2001.02) より

材料

■ 4人分 ■
鶏もも肉・・・1枚
塩・酒・・・適宜
もち麩・・・1枚
生椎茸・・・4枚
にんじん・・・1/3本
白ねぎ・・・1本
ほうれん草(せり)・・・適宜
煮汁
・だし汁・・・3カップ
・酒・・・50cc
・砂糖・・・小さじ2
・しょうゆ・・・大さじ4
・みりん・・・大さじ2
おろしわさび・・・少々
片栗粉・油・・・適宜

作り方

(1)鶏もも肉は、一口大に切り、軽く塩と酒をふっておく。もち麩は1cm巾に切り、生椎茸はいしづきを取り半分に切る。にんじんは型で抜いておき、白ねぎは5cm長さに切り、ほうれん草は茹でて4cmに切る。
(2)白ねぎに油をぬり、フライパンで焦げ目をつける。
(3)鶏肉に片栗粉をまぶして、余分な粉は落としておく。
(4)鍋に煮汁を煮立ててもち麩を入れ、鶏肉は一切れずつ重ならないように並べて入れ、静かに煮る。次に白ねぎ、にんじん、生椎茸をいれて煮、ほうれん草を最後に入れて火を止める。
(5)大きな深い器に盛り合わせて、おろしわさびを添える。

ワンポイント

治部煮の名前の由来は、最初に作った人の名前からとも、じぶじぶ煮るからとも言われる。
本来は鴨の料理法と思われているが地鶏も用いる。麩はすだれ麩を使う。青みにセリもよい。